STARS-CのCW受信にご協力ください

2016年12月19日STARS-Cは国際宇宙ステーションから放出されました。

応援いただ皆さま、どうもありがとうございます。

現在、STARS-CからのCWビーコン受信を試みています。

受信にご協力いただけるアマチュア無線家の方は下記のWebページをご覧下さい。

テクノフェスタ、キャンパスフェスタにご参加いただき、どうもありがとうございました

11/12 (土)・13(日) テクノフェスタ in 浜松11/19 (土)・20 (日) キャンパスフェスタin 静岡でSTARS衛星関連イベント(「人工衛星と通信してみよう!」「静岡大学からつながる宇宙〜静大発の人工衛星を知ろう&太陽黒点を見てみよう〜」)を開催しました。ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

キャンパスフェスタin 静岡「静岡大学からつながる宇宙〜静大発の人工衛星を知ろう&太陽黒点を見てみよう〜」には、たくさんの方の来ていただきました。ペーパークラフトやポスターを使った学生や教員の「はごろも」衛星の説明を熱心に聞いて下さった方も多く、質問にこちらが圧倒されてしまう場面もありました。お配りしましたペーパークラフトは(少し時間がかかりますが)是非組み立てていただければと思います。

テクノフェスタ・キャンパスフェスタでご紹介しましたように、いよいよ12月9日に「はごろも」(STARS-C) 衛星H-IIBロケット6号機/宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機で国際宇宙ステーションへ旅立ちます。JAXAからのインターネットでの打ち上げ中継もあります。皆さま応援よろしくお願いします。

img_5958

キャンパスフェスタin 静岡の1コマ。鋭い質問にタジタジ?

img_5963

キャンパスフェスタin 静岡の1コマ。電波受信実験と太陽黒点観察の準備中。

11/12 (土)・13(日) テクノフェスタ in 浜松、11/19 (土)・20 (日) キャンパスフェスタ in 静岡にて人工衛星からの電波の受信実験を行います

11/12 (土)・13(日) テクノフェスタ in 浜松、11/19 (土)・20 (日) キャンパスフェスタin 静岡にて人工衛星からの電波の受信実験を行います。

テクノフェスタ in 浜松ではSTARS-C衛星の運用公開や、大学内にある模擬衛星を用いた、人工衛星のオペレーションなども行います。

キャンパスフェスタ in 静岡では、天体望遠鏡による黒点観測や、プラネタリウムソフトを使った宇宙なんでも質問コーナー、学生による天文研究紹介も行ないます。更にSTARS-C ペーパークラフトも配布します。

皆さまのご来場をお待ちしています!

  • キャンパスフェスタ in 静岡「静岡大学からつながる宇宙〜静大発の人工衛星を知ろう&太陽黒点を見てみよう〜」
テクノフェスタ in 浜松「O-18 : 人工衛星と通信してみよう!」の企画紹介です。

テクノフェスタ in 浜松「O-18 : 人工衛星と通信してみよう!」の企画紹介です。

キャンパスフェスタ in 静岡に向け、人工衛星電波受信実験練習中...。

キャンパスフェスタ in 静岡に向け、人工衛星電波受信実験練習中…。

キャンパスフェスタ in 静岡では、こちらのペーパークラフト台紙を配布予定です。

キャンパスフェスタ in 静岡では、こちらのペーパークラフト台紙を配布予定です。

STARS-C衛星の愛称を募集しています!

いよいよ今年宇宙へ向かうSTARS-C衛星ですが、その愛称を募集しています。STARS計画の1号機と2号機は香川で開発されたため、KUKAI (四国88か所霊場でおなじみの弘法大師)とGENNAI (江戸時代の発明家 平賀源内は香川県出身だそうです) という愛称でした。今度は静岡発のSTARS-C衛星にぴったりな素敵な愛称を是非考えていただければと思います。募集期間は7/4~7/24、電子メールでのご応募となります。詳しくはこちら(静岡大学記者発表)をご覧下さい。

6月8日 STARS-C衛星の完成披露を行ないました

2016年6月8日、STARS-C衛星の完成披露の記者発表を行ないました。学生が主導し、地域の企業・団体の方々にご協力いただき作り上げたSTARS-C衛星が宇宙に行く日も、いよいよ間近です。記者発表の様子が、静岡大学テレビジョンで取り上げられています。たくさんの課題を乗り越えて、衛星完成に辿りついた学生達の声を是非お聞き下さい。(今回の完成披露は、毎日新聞、マイナビ、朝日新聞、中日新聞、読売新聞、静岡新聞、四国市新聞、静岡第一テレビで取り上げていただきました。)

浜松科学館 「浜松初の人工衛星とはどんなもの?」へのご参加どうもありがとうございました

2016年2月28日 浜松科学館さんにて科学教室「浜松初の人工衛星とはどんなもの?」を行いました。STARS-Cのペーパークラフトを組み立てつつ、私たちの日々の生活を支えてくれている人工衛星の役割とその秘密、そして、静岡大学が進めるSTARS計画についてご紹介しました。21名の方にご参加いただき、それぞれに世界で一つしかない「手作りSTARS-C」を作っていただきました。どうもありがとうございました。静岡大学工学部の学生が「手作り」で作り上げたSTARS-C衛星もいよいよ今年2016年に間もなく宇宙へ向かいます。引き続き応援をよろしくお願いします。(本教室の様子はNHKさんや静岡新聞さん、中日新聞さんにも取り上げていただきました。)

IMG_3775

クイズを交えながらSTARS-C衛星を紹介

IMG_3804

STARS-Cペーパークラフト完成間近

IMG_3829

太陽電池の実験も行いました

IMG_3835

相賀STARS-Cプロジェクトマネージャーから一言。計画的に物事を進めるのは大変だけど大事。

2月28日 浜松科学館にて科学教室「浜松初の人工衛星とはどんなもの?」を行います

2月28日、浜松科学館さんにて科学教室「浜松初の人工衛星とはどんなもの?」を行います。STARS-Cのペーパークラフトを組み立てながら、STARS-Cに隠された秘密をご紹介します。人工衛星の仕組みが分かる実験も交えて分かりやすくお話しますので、是非ご参加下さい。

  • 日時 : 2016年2月28日(日) 10:00~12:00
  • 対象 : 小学4年生以上
  • 参加費 : 無料
  • 申し込み期間 : 2016年1月31日(日) ~ 2016年2月14日(日)
2016-01-21 16.08.29

宇宙ステーションから放出された時はこんな感じ… (このペーパークラフトは試作中のものです)

2016-01-21 16.04.30

パネル展開、テザー伸展成功! (このペーパークラフトは試作中のものです)

12月7日 STARS-C衛星 追加詳細設計確認会とSTARS-E衛星 概念設計報告会を行いました

2015年12月7日、 STARS-C衛星 追加詳細設計確認会とSTARS-E衛星 概念設計報告会を行いました。STARS-C衛星は、設計や試験内容の最後の確認です。来年の宇宙への放出に向け、いよいよ大詰めです。STARS-E衛星は今回が初めての本格的な報告会となりました。ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

  • STARS-C衛星 追加詳細設計確認会の資料はこちらです。
  • STARS-E衛星 概念設計報告会の資料はこちらです。
2015-12-07 10.02.20

STARS-C衛星 追加詳細設計確認会

2015-12-07 12.38.39

確認会を終えて一息

2015-12-07 13.37.18

STARS-E衛星 概念設計報告会

ディスカバリーパーク焼津天文科学館 「子ども宇宙教室2015」へのご参加どうもありがとうございました

2015年11月7日、ディスカバリーパーク焼津天文科学館さんの 「子ども宇宙教室2015」にて、STARS-C 計画を実施する静岡大 工学部 能見教授と本サイトを運営する静岡大 教育学部 内山講師が「静岡発!宇宙に飛び出そう 人工衛星開発in浜松」と「静岡発!宇宙のなぞにせまろう X線で探る宇宙の“変わり者”たち」というタイトルでそれぞれ講演しました。講演後の質問では、講演者が思わず唸ってしまうような鋭い質問も飛び出しました。子どもから大人の方まで121名の方にご参加いただき、どうもありがとうございました。来年2016年には、講演で取り上げた静岡大学が関係する2つの衛星、STARS-CASTRO-Hが宇宙へ向かいます。応援よろしくお願いします。

※写真はディスカバリーパーク焼津天文科学館さんよりご提供いただきました。

DSC_0283

能見教授による「静岡発!宇宙に飛び出そう 人工衛星開発in浜松」

DSC_0299

STARS-Cの大きさはこのくらい

DSC_0308

内山講師による「静岡発!宇宙のなぞにせまろう X線で探る宇宙の“変わり者”たち」

DSC_0314

いて座の方向にいるとても重い宇宙の変わり者

1 2 3